結婚式の招待状はいつまでに届いているのがマナー?

結婚式の準備では多くのことを決めていかなければならず、段取りよく進めていくことが必要となります。その中で特に日にちが重要となってくるのが、結婚式の招待状を送るタイミングです。結婚式の式場の準備や各種予算などは招待する人数によって決まる部分が多いため、招待する人数については、早い時期に確定させておきたいものです。また、招待状の返信については相手方の日程の調整をする都合もあることから、余裕を持った日程で案内を送るのがマナーとされています。
具体的には結婚式の招待状は2ヶ月前発送するのが前提です。2ヶ月を切ってしまうと、仕事の都合であったりを調整するのに迷惑がかかることがあります。ただ、早いことが良いといわれていても、逆に早すぎると仕事等も見通しを立てることが出来ずに、返事をするのが難しくなることも考えなければなりません。受け取り手にとって迷惑ではないタイミングを考えて招待状を送るのが大切です。
また、招待状を送る日にちについては、大安の日に招待状を出した方がよいとする考えもあります。もちろん、消印や切手に「大安」と印がしてあるわけではありませんし、発送された日のお日柄ををいちいち確認する人などほとんどいないので、日程などで調整が付かない場合には、優先して考える必要はありませんが、送る時期の近くに大安の日にちがあるのでしたら、そちらの日にちを選択し、リストの制作など、そのほかの手順のスケジュールを立てるのが良いでしょう。